システムエンジニアです、よろしくおねがいしまーす。


by vanjihkbae
 ■1年2カ月でOL生活ギブアップ 親には言えず、ハトにエサやりの日々。

 −−谷口さんならかなりおもしろい学生時代をすごしたに違いないと思って高校時代までお聞きしました。でも、けっこう“普通の女の子”ですね。大学時代はどうでしたか?

 谷口 授業半分、遊びとアルバイトが残りの半分って感じでした。もうバイトが面白くて。いろんなことをしましたよ。清涼飲料水の宣伝で、でっかいハチの着ぐるみ着て、電動自転車こいでJR大阪駅の周りをおしり振ってぐるぐるぐるぐる回ったり。大阪のミナミではミシンガールになって1日中ミシンで何かを縫ってたり、生のレタスを通行人に配ったり…。

 −−当時の大学生って、大体そんな日々でしたね

 谷口 なあーんにも考えてなかったですよね。イベントサークルに所属して、スキーに行ったりバーベキューしたり、意味なく車で箕面や枚方までお茶しに行ったり。そういえば今話題の沖縄の辺野古に泊まったなあ。

 −−うーん、やっぱり普通ですね。というわけで、あっという間に就職活動

 谷口 3年生になる年明けから活動を開始しました。洋服が好きだったのでアパレルメーカーに絞って回りました。ワールド、オンワード樫山、レナウン、三陽商会…。会社四季報で調べて、規模が大きくて資産も豊富だった会社を本命にしました。そして、無事就職!

 −−ラジオ局とかDJとかは、希望職種じゃなかったんですか?

 谷口 全然。ヤンタン(MBSヤングタウン)とか、深夜放送はこっそりと聞いてましたけど、そういう仕事は特殊技能がある人か、家柄の良い人か、キレイな人がやるもんやって思ってましたからね。

 −−で、社会人生活はどうでした?

 谷口 最悪。もーホンマ最悪。だから1年2カ月で会社辞めました。

 −−え? どうしてまた?

 谷口 毎日、同じ時間に同じ電車で出勤、っていうのも耐えられなかったんですが、何より、1年のうち半年は上司と2人でレンタカー借りて出張、という生活がいやで…。西日本全部が私の管轄エリアで、Lサイズの婦人服を催し会場なんかで売るわけですよ。

 −−お父さん、キレたでしょ。怖いですもんね

 谷口 だから1カ月くらい、いえませんでした。毎日、同じ時間に家を出て、近くの公園のベンチに座ってハトにエサやってましたもん。

 −−ほんとですか!

 谷口 今でも覚えてますよ。毎朝8時前、阪急の仁川駅から梅田行きの準急で通勤してたから、その時間に家を出て、近くの公園に向かうんですよ。電車に乗って途中、一駅ずつ降りて梅田に行ったこともありました。通勤定期は切れてなかったから。でもそうこうするうちに梅雨の時期に入って、雨が降るわけですよ。そしたら公園は無理。雨で服ぐじゃぐじゃ、靴ぐじゃぐじゃ…。

 −−それでとうとうご両親に報告した?

 谷口 そう。意を決して言いました。そしたら父は「3カ月以内に新しい仕事見つからんかったら、家出ていけ」と、予想通りの反応。“働かざるもの食うべからず”の人やから。

 −−人生最大のピンチですね

 谷口 私は一人っ子なので、昔から「女も一生仕事しろ」って言われて育ちました。結婚したって、突然頼る人がいなくなるかもしれない。だから両親は私に看護師か医者か学校の先生になれって言ってましたね。(聞き手 岡田敏一)

<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
<住宅火災>36歳男性が死亡…東京・青梅(毎日新聞)
債権譲渡先の社員兼務=複数肩書使い分け―大島元会長が実質支配・SFCG(時事通信)
「ギャルみこし」をPR ミス天神橋らが来社(産経新聞)
国会 16日閉会 政府提出法案成立、戦後2番目の低水準(毎日新聞)
[PR]
# by vanjihkbae | 2010-06-18 19:55
 気象庁は1日、この春(3〜5月)の天候まとめを発表した。本州付近を低気圧や前線がひんぱんに通過したため、雨が多く、日照時間が少ない春だった。

 同庁によると降水量は、北日本から西日本にかけてかなり多く、小名浜(福島県)、網代(静岡県)、牛深(熊本県)など7地点で春の降水量の最大値を更新した。日照時間は、北日本と、東日本〜西日本の日本海側でかなり少なく、北日本を中心に平年の8割を下回ったところがあった。浦河(北海道)、酒田(山形県)など全国12地点では春の日照時間の最小値を更新した。【毎日jp編集部】

【関連ニュース】
【これから天気は?】全国の天気予報
<4月の天気>天候:寒暖、ジグザグ 列島上空せめぎ合い
<野菜が心配>野菜高騰:天候不順でキャベツ6割増し もつ鍋店悲鳴 10年4月
<野菜が心配>野菜:天候不順で高騰 キャベツ1玉198円→半分で158円 10年4月
<モヤシ人気>安さで存在感 不況や天候不順での野菜高騰の中

わいせつ画像で逮捕したら、学童保育所指導員(読売新聞)
菅首相「普天間移設は日米間合意を踏まえて」(産経新聞)
顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(読売新聞)
消費税率「当面10%」 自民、参院選公約に明記(産経新聞)
<口蹄疫>感染「飛び火」対応は従来通り 山田前副農相(毎日新聞)
[PR]
# by vanjihkbae | 2010-06-08 04:20
 4歳の男児を殴り軽傷を負わせたとして、奈良県警田原本署は26日、父親の土木作業員、増田文彦容疑者(26)=同県田原本町新町=を傷害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は4月18日午後8時半ごろ、自宅で男児の顔を殴り、全治10日間の軽傷を負わせたとされる。同署によると、増田容疑者は、主婦の妻(27)と男児、妹(2)、6カ月の弟の5人暮らしで、男児は妻の連れ子。「しつけの一環としてやった」と容疑を認めているという。男児と妹の顔などにあざがあり、同署は日常的に虐待していたとみて調べている。

 同署によると、昨年9月18日、近所の住民から「子供がよく泣いている」と同署に相談があった。その後、県中央子ども家庭センター(奈良市)職員らが約10回にわたり訪問。男児と妹の手や足にあざを見つけたが、妻は「けんかで妹をつねったので、夫がしつけのために殴った」「表で遊んでいてあざができた」などと虐待を否定していた。

 しかし、男児が通う保育所から「顔にあざがある」と通報があり、4月19日に男児と妹を一時保護した。弟にあざなどはないという。【岡奈津希】

【関連ニュース】
<関連記事>記者の目:虐待防ぐカギは地域に=堀江拓哉(大阪社会部)
<関連記事>児童虐待の相談急増 早期の情報把握を /滋賀
<関連記事>函南の虐待:女児重体 「泣きやまず腹立った」 
<関連記事>長女虐待:0歳時に重傷、24歳両親を逮捕
<関連記事>虐待:床にたたき付けられた1歳児死亡

<宇佐神宮大楠>「EXILE」のUSAさん祈願 アルバム大ヒットで参拝急増(毎日新聞)
女性車掌が気にくわない…つば吐いた43歳男逮捕(産経新聞)
橋下知事、教員人事権で首長に協力要請 「首長が教委をコントロールできるかどうか懸念もある」(産経新聞)
松本大洋氏作品をiPad配信=小学館(時事通信)
福井新聞記者を逮捕=複製DVD販売で―福井県警(時事通信)
[PR]
# by vanjihkbae | 2010-05-29 07:18
 世界的なバイオリニストの川畠成道さんが15日、東京都新宿区の東京オペラシティで「グランドファミリーコンサート2010」(毎日新聞社後援)を開いた。川畠さんは闘病中の親子の支援を続け、毎日新聞の小児がん征圧キャンペーンに賛同。司会を務めた女優の紺野美沙子さんが約1100人の聴衆に募金を呼びかけた。

 8歳で薬の副作用による視覚障害を負った川畠さんは、10歳でバイオリンを始め、98年にデビューした。「家族への感謝の気持ち」を込めてファミリーコンサートを02年から開いており、今回が9回目。ピアノの寺嶋陸也さんと共にエルガー「愛のあいさつ」やピアソラ「タンティ・アンニ・プリマ」など12曲を演奏し、「つまずいた時にふと思い出すのが家族かなと思います」と語りかけた。

 5歳で急性リンパ性白血病となり治療経験のある千葉県松戸市の小学3年、橋本日衣菜(ひいな)さん(9)は「川畠さんの演奏を聴くと気持ちが落ち着きます。『愛のあいさつ』を生で聞けて感動しました」と目を輝かせた。【小泉大士】

【関連ニュース】
ひと:郎朗(ランラン)さん 「のだめ」ピアノ吹き替え
キーシンの新譜はアシュケナージとのプロコフィエフ
「幸せな家族なんてない。だから家族を描きたかった」 鬼塚忠 小説「カルテット!」
遊ナビ:音楽 /東京
桑名弦楽合奏団:結成20年、巡回演奏会−−桑名といなべで16、22日 /三重

普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)
<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)
鳥取訴訟は和解勧告出ず=B型肝炎で口頭弁論―地裁(時事通信)
在日米陸軍 司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)
[PR]
# by vanjihkbae | 2010-05-21 10:50
 「徳之島の皆さんに大変な混乱、ご迷惑をおかけした」――。沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡り、7日、鹿児島・徳之島の3町長と東京都内で初めて会談した鳩山首相は、3日前の沖縄訪問と同様、謝罪の言葉を真っ先に口にした。

 首相が普天間飛行場の機能の一部移転を地元に説明するのは、この日が初めて。徳之島への移転案が表面化して3か月以上もたってからの謝罪や説明には、3町長はともに「何十回会っても平行線」と厳しい反応で、島民からも「首相の無責任な発言に振り回されている」と怒りの声が上がった。

 3町長との会談は7日午後3時から、東京・永田町の首相官邸で始まった。

 100人以上の報道陣が見守る中、鳩山首相は、3町長や鹿児島県の伊藤祐一郎知事に向き合うと、今月4日に沖縄を訪問して「すべてを県外にというのは難しい」と語った時とほとんど同じように、伏し目がちに切り出した。

 「普天間飛行場の機能の一部を、徳之島にお願いできないか」「遅きに失してしまったことを申し訳なく感じているが、率直にお願いをさせていただきたい」

 黙って聞いていた3町長のうち、天城町の大久(おおひさ)幸助町長は、移設に反対する島内外の住民ら約2万6000人分の署名を首相に手渡しながら「重いですよ」。伊仙町の大久保明町長は、「沖縄県民の気持ちは痛いほど理解できる」と述べた後、首相が今年1月の施政方針演説で、「非暴力」を掲げたインド独立の父、マハトマ・ガンジーを取り上げたことも持ち出し、今回の移設案の再考を訴えた。

 うつむき加減に聞いていた首相が「私は奄美大島、徳之島にあこがれていた。大好きだった相撲取りが島出身と聞くたび、行きたいなと考えていた」と話題を変えても、徳之島町の高岡秀規町長はじめ3町長は険しい表情を崩さなかった。

 同じ頃、徳之島町の公民館には、移設反対派の住民約20人が集まって、3町長が移設を拒否したことを伝えるテレビニュースを見ていた。「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山(かばやま)幸栄会長(55)は「町長たちが、首相に臆することなく伝えてくれたことがうれしい」と語る一方、「首相の無責任な発言に振り回されている気がしてならない」と憤った。

エビスザメ 気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)
漫画家協会賞大賞に安部、鮎沢両氏(時事通信)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
野口さんが宇宙授業=子供ら6人に−筑波センター(時事通信)
<普天間移設>政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)
[PR]
# by vanjihkbae | 2010-05-13 07:54